すこし人見知りをしてしまいます

性格を直したい人のためのエピソード

自分の性格のせいで人とうまく関係を築けない、こんな自分を変えたいという人のためのエピソード集です。

人見知りの悩み

読了までの目安時間:約 2分

女性の目を手で隠す男性

私は、すこし人見知りをしてしまいます。

親しくなれば何時間でも話ができるのですが、初対面やあまり面識のない人には、なかなか会話が進みません。しかも、毎日会う仕事仲間にも、自分が苦手な人とは会話が出来ず気まずいです。

基本的になかなか自分から話かけるのが出来ません。もう、いい大人なのだからこるれではいけない。と、思ってはいるのですが、何を話したらいいのかが分かりません。話のネタが思いつかず、気まずい空気が流れてしまいます。その上、人がひそひそ話をしているのを見ると、「自分の悪口を言っているのでは?」と、思ってしまう事があります。

そんな訳がないと頭では分かっていても気になってしまいます。そんなに気にしなるのなら、その人たちの会話に上手く入っていけばいいのですがなかなかその勇気がありません。人と話す時にわざわざ最初から話の内容を決めてから話すので上手くコミュニケーションがとれないのだと思います。しかも、面識のあまり無い人から、どんどん話かけられると、相手に圧倒されてしまい、自分から話を切ってしまいます。「悪いなぁ」と、思うのですがなかなか上手くできません。

こんな人見知りの性格を少しでも直したいと思っています。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー